弁護士紹介

代表弁護士 遠藤輝好(えんどうきよし)

【略歴】
慶応義塾大学法学部法律学科卒業
慶応義塾大学大学院法学研究科修士課程(公法学専攻)修了
中央大学法科大学院修了
2008年 弁護士登録(第二東京弁護士会)
2016年 遠藤輝好法律事務所開設
2017年 消費者庁内部通報制度に関する認証制度検討会委員


現在
東京三会公益通報者保護協議会委員
防衛省ヘルプライン
防衛装備庁ヘルプライン
中央大学法科大学院講師
中央大学ビジネススクール講師
中央大学法学部講師
専修大学エクステンションセンター講師


【最近の論文、講演等】
・「企業価値向上型コンプライアンス―内部通報制度のデザインチェンジ論―」(共著『法学新報第123巻第11・12号』2017年)
・「企業価値向上型コンプライアンス―「密告」型から「対話」型へ、内部通報制度のデザインチェンジ―」
  http://www.yomiuri.co.jp/adv/chuo/research/20170413.html
・「内部通報制度に関する認証制度の概要」(『ビジネス法務』2018年11月号)
・「企業が知っておくべき内部通報制度認証(WCMS認証)」(『ビジネスロー・ジャーナル』2019年6月号)
・「『真実相当性』の要件緩和に関する覚書」(『中央ロー・ジャーナル第15巻第4号』2019年)
・防衛省防衛研究所にてハラスメント防止に関する講演(2016年、2017年)
・シンポジウム「コンプライアンス経営の現状と公益通報者保護法の改正動向―内部通報制度の戦略的運営とその限界―」(東京三会)パネリスト(2017年)
・シンポジウム「公益通報制度の新次元」(東京三会)パネリスト(2019年)
 ほか講演・セミナー多数


アソシエイト弁護士 飯野友章(いいのともあき)

【略歴】
専修大学法科大学院修了
2016年 弁護士登録(第二東京弁護士会)
      遠藤輝好法律事務所入所

現在
専修大学法科大学院在学生支援担当講師
専修大学法科大学院アカデミックアドバイザー